トリキュラーを飲む間隔と安い購入方法

低用量ピルのうち、3相性ピルに分類されるトリキュラーは、ホルモンを含有する21錠の錠剤が3種類の異なったホルモン量を含有する錠剤に分かれています。
トリキュラーはホルモンを含有した21錠の錠剤のみが用意されたシートのものと、ホルモンを含有した21錠に加え7錠の偽薬が用意された28錠タイプのシートの2種類があります。
21錠タイプも28錠タイプも服用方法は同じで、1日1錠を決まった時間に服用していきます。毎日トリキュラーを24時間間隔で服用することで、体内のホルモンバランスが調整され、避妊効果を発揮します。
理想としては毎日きっちり同じ時間で服用することで確実な避妊効果を発揮しますが、うっかり1,、2時間ずれてしまっても毎日バラバラな時間というわけでなければそれほど避妊効果に影響を与えることはありません。
このトリキュラーは日本では産婦人科や婦人科で医師の処方によって手に入れることができます。諸外国では町のドラッグストアで処方箋無しで簡単に買うことが出来る国も多い安全性の高い薬ですが、ピル後進国と呼ばれる日本ではまだまだドラッグストアで手に入れるようにはなっていません。
では、トリキュラーを病院以外で安く購入する方法はないのかというと、実はあります。それは個人輸入という方法です。海外から直接自身が使用する薬として輸入することで安く購入することができます。
ですが、個人輸入というと手続きがわからないという人も多いので、便利なのが個人輸入代行サイトです。個人輸入代行サイトでは通常の通販のような感覚でトリキュラーを購入することができます。個人輸入代行サイトで購入したトリキュラーは当然日本で使用されているものと同じ成分ですので、使用方法がわかっており、長期間継続して使用したい人には薬代を節約できる便利な方法です。