女子は必見!トリキュラーの開始日と休薬期間

低用量ピル「トリキュラー」は、日本で最もポピュラーな経口避妊薬の一つです。ホルモン量が段階的に変化する3相性ピルというタイプで、女性の自然なホルモンバランスの変化に合わせて作られました。このため、子宮内膜が安定するので不正出血は起こりにくいのですが、順番通りに服用するよう注意が必要です。
トリキュラーの開始日は、通常は月経初日です。この他、月経開始後の最初の日曜日に飲み始める「サンデースタート」と呼ばれる方法もあります。サンデースタートでは、週末に生理が来ないので、レジャーなどの予定と重なるのを防ぐことができます。注意したいのが、月給初日から飲み始めた場合には、その日から避妊効果が得られますが、サンデースタートの場合には、最初の1週間は他の避妊方法と併用する必要があることです。
トリキュラーは、前述のように、成分が段階的に変化するので、分かりやすいようにシートに番号が記載されています。錠剤の色も変えてありますので、毎日確かめながら服用しましょう。
トリキュラーには、1シート21錠タイプと28錠タイプの2種類あります。21錠タイプでは、21日間飲み終えたら、7日間薬を休み、次のシートを飲み始めます。28錠タイプでは、最後の7錠が偽薬になっているので、28日間続けて飲み終えたら、次のシートを始めます。偽薬の期間が休薬期間になります。28錠タイプなら、7日間の休薬期間後に服用を再開するのを忘れる心配がないので、初心者におすすめです。
どちらのタイプも、服用は1日1錠、同じ時間帯に服用します。飲み忘れると避妊効果がなくなりますので、朝の洗面時や夜寝る前など、日常生活に取り入れて、忘れないように工夫するとよいでしょう。