元英語講師が語るi-smile(アイスマイル)の隠れた良さ

元英語講師が語るi-smile(アイスマイル)の隠れた良さ

有名英語講師デイビッド・セイン先生が、英語に悩むすべての日本人のために制作したi-smile(アイスマイル)。これまでのノウハウすべてを結集したこの英会話教材は、多くの人の救世主となり、今も大変な話題を集めています。『英会話i-smile(アイスマイル)を契約して嘘がなかったので本気レビュー』では、私が独自に調査をした上で良さを紹介してきましたが…実はまだ隠れた良さがあることがわかったんです。

ここでは、私の知り合いである元英語講師の方が見たi-smile(アイスマイル)についての話を紹介します。ぜひ最後まで目を通していただき、この英会話教材の未知なる魅力を知ってください!

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)の公式HPへ

i-smile(アイスマイル)はインプットとアウトプットの量がちょうどいい

i-smile(アイスマイル)はインプットとアウトプットの量がちょうどいい

元・英語講師の方は、私が数年前にある教室に通っていたときに教育を担当してくださった方です。ここではCさんと呼ばせてもらいますね。Cさんが挙げるi-smile(アイスマイル)の良さはふたつ。そのひとつが、「インプットとアウトプットの量が絶妙」でした。

英語が話せない大きな理由

『英会話i-smile(アイスマイル)を契約して嘘がなかったので本気レビュー』でも紹介したように、日本人は義務教育の影響もあって、インプットをしがちな面がありました。先生が黒板に書いたことをノートに書き写す授業、そしてたくさん覚えていることが優れているとみなす内容のテスト…。こうした経験を小学校・中学校・高校としているために、勉強はインプットであると思われやすかったんです。

最近はアウトプットが注目されているが…

最近は日本社会全体がインプットを重視することに危惧して、アウトプットに注目されるようになってきています。書店に行けば、アウトプットのノウハウが書かれた本が多く並んでいますね。アウトプットをしたいけどどうしたらいいのかわからない…、そんな人をサポートする本がひとつの流行を確立しているように思います。

ただCさん曰く、ただがむしゃらにアウトプットをしていいわけではないと言うんですね。正しいパフォーマンスをするためには、正しい知識をその分だけ身につける必要があると指摘します。それはさながら、魚の知識がないままに美味しい魚料理を作ろうしているようなもので、確かにそれでは人を唸らせるような一品はできません。

逆にインプットをし過ぎると、それは悪いことではないんですが、今度は効率に関わってくるとCさんは言います。先ほどの料理の例で言えば、美味しい魚料理を作るのに鶏肉や豚肉の特徴を勉強しているようなもの。その知識は無駄にはならないんですが、魚料理を作るという目的を果たすのに時間がかかってしまいます。

量が適正だから効率がいい

なのでインプットとアウトプットはどちらも重要なんですが、それよりもインプットの量とアウトプットの量が適正であることが大切なんです。これは英会話教材でも同じで、Cさんはだからこそよく調整されているi-smile(アイスマイル)は良い、と話してくれました。

1回15分のドラマで必要な知識を教えてくれた(インプット)あと、それを使いこなせるようになるために同じくらいの時間で発音のレッスン(アウトプット)が用意されている。復習用のアプリゲームでも、身につけたことを復習(インプット)しつつ、スコアを伸ばすためのパフォーマンス(アウトプット)をする。こうしたインとアウトの量がきちんと計算されているのが、i-smile(アイスマイル)の優れた点だとCさんは言います。

i-smile(アイスマイル)は良心的な料金設定

i-smile(アイスマイル)は良心的な料金設定

Cさんが挙げたもうひとつの良さは、i-smile(アイスマイル)の良心的な料金設定でした。これだけのメソッドとサービスがありながら、全体で199,800円という価格は安いと目を丸くしていたんです。

料金で選ぶのは当たり前

こういった教材の場合、料金の話になると「高額なもののほうが身につくのはわかってる。でも経済事情を考えたらちょっと…。いやわかっているんだけど…」と葛藤してしまうことは珍しくありません。Cさんは、でも価格で選ぶのは当然、なぜならそこで納得がいかなかったら結局不満のまま授業を受けることになり、勉強にも影響が出てきてしまうからと言いました。

元英語講師も驚きの価格

そんな料金に対して厳しいCさんが、i-smile(アイスマイル)に対しては文句ひとつなく優良な価格だと評価したんです。199,800円という価格では見えてきませんが、i-smile(アイスマイル)が2ヶ月毎日のレッスンを受けてこの値段。英会話教室だと安くて1レッスン5,000円ですから、トータルで考えても10万円以上の差が出ます。ドラマやアプリゲーム、オンラインレッスン、24時間サポートなどをすべて含んでいることを加味すれば、間違いなくコスパが良い教材だとCさんは断言しました。

最後に

最後に

Cさんは、英語講師時代にi-smile(アイスマイル)が出ていたら、自分の立場に関係なくおすすめしていたかもしれないと言っていましたね。ただ今は英会話教室や他の英会話教材もレベルが格段に上がっているはずなので、価格以外のところもちゃんと見てほしい、とのことです。

安くて性能のいいパソコンでも、そのスペックの高さが自分のニーズに合っているのかを確認するように、i-smile(アイスマイル)の特徴が自分とマッチするかどうかを見るのが大切、ということですね。これ以外の記事でもi-smile(アイスマイル)の魅力をたくさん紹介しているので、ぜひ時間がある限り見てほしいなと思います。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)の公式HPへ トップページを見る