i-smile(アイスマイル)の効果を上げる3つの方法

i-smile(アイスマイル)の効果を上げる3つの方法

楽しみながら自然にスキルがアップするのが、英会話教材i-smile(アイスマイル)の最大の魅力。そんなi-smile(アイスマイル)には、ここだけの話効果をさらに上げる方法があるんです。

i-smile(アイスマイル)をこれからスタートさせようとしている人、i-smile(アイスマイル)を検討しようとしている人はぜひこの方法を知って、より満足のいく結果を掴んでみてくださいね!

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)の公式HPへ

勉強のペースを守る

勉強のペースを守る

まずひとつ目は自分のペースを守ることです。i-smile(アイスマイル)は優れたメソッドでスキルを上げてくれますが、だからと言ってただがむしゃらにレッスンを受ければいいというわけではありません。

無理をいて失敗した人がいる

というのも、無理に勉強を詰め込みすぎて失敗した人がいるからです。その人はもともと仕事が忙しく平日は勉強時間があまり確保できない人でした。そこで何もしない代わりに土日に集中してやろうと考えたんですね。しかし結果としては失敗。結局土日で習ったことをすぐに忘れてしまったからです。

効果を溜めることはできない

どんな教材でもそうですが、勉強というのは継続がとても大事。睡眠や食事と一緒です。たくさん寝ても翌日の夜になったらまた眠くなりますよね。朝ごはんをしっかり食べてもお腹は空きますよね。

これと同じで寝溜め食い溜めができないように、勉強もできなかった日の分を別の日で補うことはできません。毎日少しずつでも、勉強をすることがとても必要になってきます。

逆に言えば毎日のペースを守れば、i-smile(アイスマイル)の恩恵を必ず受けられるようになるんです。i-smile(アイスマイル)のレッスンは1日15~30分ですからね。忙しい日でもできるかぎりレッスン時間を用意するように心がけてみてください。

トレーニングを積極的にする

トレーニングを積極的にする

i-smile(アイスマイル)はドラマを見てインプットし、エクササイズや復習、オンラインの英会話でスキルを磨いていきます。オンラインの英会話を除いて、基本的にはひとりで学習するスタイルです。それだけでも上達はしていくので、裏を返せば自分の成果を知るために積極的に自分の力を試していくとぐんと効果が上がっていきます。これがふたつ目の方法です。

洋画を見る

例えば海外の映画を字幕なしで見るのがひとつあげられるでしょう。これはi-smile(アイスマイル)で磨いてきたリスニング力を確かめることができます。出演者が何を言っているのかがわかれば、ネイティブの英語に確実に慣れている何よりの証です。あと字幕を挟むことなく映画を見ることになるので、映画で本当に伝えたかったメッセージに気づくこともできるでしょう。映画鑑賞という趣味もできて、いい事づくしなのでおすすめですよ。

英会話の上達者と話す

すでに英会話が上達している人と話すのもいいですね。i-smile(アイスマイル)でどのくらい話す力が上がっているのかを確かめることができますよ。私の場合は知り合いに頼んでいろんな人を紹介してもらったので、恥ずかしがらずに積極的に英会話が話せるような人がいないか声をかけてみるといいと思います。

ほかの英語教材のことは忘れる

ほかの英語教材のことは忘れる

最後に紹介する方法は、ほかの英語教材を受けてきた人におすすめなものです。どうかほかの英語教材のことを忘れて取り組んで見てください。それだけでぐっとi-smile(アイスマイル)の効果を高めることができますよ。

英語教材に潜む罠

昨今さまざまな英語教材が出ていますね。しかしその効果はピンからキリまでで、中には謳い文句ほどの効果がないものも残念ながらあります。そうした英語教材に手を出し、結果的に伸び悩んでしまうと「英語教材ってこんなものなんだ」という苦手意識が生まれてしまう。実はこれはi-smile(アイスマイル)で上達できなかった人に多く見られる現象なんです。

少しでもポジティブに

もちろんそうした意識を持っている人がi-smile(アイスマイル)での勉強に向いていないわけではありません。スムーズにi-smile(アイスマイル)の言っていることを飲み込める、ということです。苦い経験を忘れることが難しければ、少しでもポジティブに考えてみてください。i-smile(アイスマイル)を使えば話せるようになる、私は英会話ができるようになるんだ、とちょっとでも思えば、i-smile(アイスマイル)の効果はどんどん上がっていくでしょう。

最後に

最後に

勉強のペースを守ること、トレーニングを積極的にすること、ほかの英語教材のことを忘れること。忘れてほしくないのは、今紹介した3つの方法がなくともi-smile(アイスマイル)で上達することは可能ということです。ですがせっかくi-smile(アイスマイル)を始めるのであれば、ぜひ試してみてもらいたいなと思います。この記事がみなさんの英会話力アップのサポートになればこの上ない喜びですね!

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)の公式HPへ トップページを見る