i-smile(アイスマイル)初日から60日目までの授業を詳述

i-smile(アイスマイル)初日から60日目までの授業を詳述

i-smile(アイスマイル)は、2か月間続けることで、ネイティブとスラスラ話せるようになれる英会話教材です。しかも「1年近く英会話教室に通っているのに話せない…」「過去に3つくらい、別の英会話教材を使ってみたけどできなかった」といった人も、例外ではありません。英会話ができるようになりたい!その気持ちを持っている人なら、誰でも満足のいく結果を得られる教材なんです!

ではどうして、たった2か月でコミュニケーションができるまでに進化するのか。「英会話i-smile(アイスマイル)を契約して嘘がなかったので本気レビュー」ではメソッドなどを中心にその謎を見ていきましたが…今回は、2か月のレッスンスケジュールから、明かしていきたいと思います!ぜひ最後までお目通しください!

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)の公式HPへ

スケジュール概要

スケジュール概要

最初に、スケジュールを概観しましょう。初日から60日目までの流れは、次のとおりです。

Day1~4:英語の準備体操

Day1~55:ドラマ「The Game of Life」を利用したレッスン

Day56~60:オリジナル英会話レッスン

このように、実はi-smile(アイスマイル)では、60日間のレッスンの前に4日間の準備体操があります。「微妙に2か月じゃないんだな」と思う人もいるかもしれませんが、この4日間がものすごく大事なんです。これがあるから、ドラマ「The Game of Life」を利用したレッスンに入っていけると言っても過言ではありません。

Day1~4:英語の準備体操

Day1~4:英語の準備体操

Day1~4のレッスンは、英語の準備体操です。上記スケジュールでもお伝えしたように、このレッスンはとても重要な役割を担っています。

中学校の文法を思い出す

ここで具体的に行われるのは、中学校の文法を思い出す作業です。これまで学校で習ってきた文法をスライドを見ながら目で確認、次に発音を聞いて耳で確認。そしてその型を使ったアプリゲームをプレイし、身体に染み込ませていきます。またレッスンの終わりには、i-smile(アイスマイル)が独自に制作したABCソングのアレンジバージョンを聞き、それを真似して歌います。これを3日間続けて、4日目に総復習するというのが英語の準備体操です。

準備体操が教えてくれるふたつのこと

このレッスンでは、文法の型を思い出させる以外に、重要な役割がふたつあります。

ひとつは、「英語は無理に覚えようとしなくても身につく、ということを教えること」ですね。今のレッスン紹介で見てきたように、最初は“型を確認”し、ある程度イメージを掴むだけ。実際の記憶作業もゲームと、従来の英語学習とはまったく違った方法となっています。準備体操では、こんな感じで英語学習に対するイメージを覆してくれる役割を担っているんですね。

もうひとつは、「i-smile(アイスマイル)のレッスンの流れを教えること」。実は英語の準備体操の流れは、その後のドラマ「The Game of Life」を利用したレッスンでも同じなんです。事前に慣れておけば、レッスンの流れに戸惑うこともなくなって、集中しやすくなりますよね。だから、とても重要な役割を担っていると言えるんですよ。

Day1~55:ドラマ「The Game of Life」を利用したレッスン

Day1~55:ドラマ「The Game of Life」を利用したレッスン

英語の準備体操が終わったら、いよいよメインレッスンのスタートです。ドラマ「The Game of Life」を見て必要なフレーズをインプットし、そのあとネイティブ発音をリスニングとスピーキング。そのあとゲームで復習していくという一連の流れを、毎日行っていきます。

スマート字幕が鍵

ドラマ「The Game of Life」の特徴は何かと言うと、日本語のドラマであることだと思います。英会話学習のメイン教材なのにですね。どうしてそれで英会話のスキルが上がるのかと言うと、ドラマ中のセリフに対して特別な英語の字幕(スマート字幕)が表記され、それを見ながらインプットやアウトプットをするからです。このスマート字幕に関しては、「英会話i-smile(アイスマイル)を契約して嘘がなかったので本気レビュー」で詳しく書いているので、ぜひそちらをご覧ください!

日常に即したテーマ

あとドラマは数種類のテーマに分かれていて、そのテーマごとに、またいくつかのエピソードがあります。例えば「物をとってもらう」というテーマはエピソードが3個、「道案内~提案&お願い~」というテーマにはエピソードが10個、といった感じですね。日常に即したテーマばかりで、日常英会話に役立つフレーズをどんどん取り込めるのが特徴です。あとそれもあってか、ドラマには「あるある」と思えるようなシーンが結構あって、単純に作品としても面白いのが魅力だと思います。

Day56~60:オリジナル英会話レッスン

Day56~60:オリジナル英会話レッスン Game of Life」を利用したレッスン

55日間のドラマが終わると、より実践的なレッスンが待っています。それが最後の5日間で行われるオリジナル英会話レッスンです。

自分で台本を作成

このレッスンでは、初日に自分で英会話のスクリプト(台本)を考え、i-smile(アイスマイル)に提出します。テーマは自由ですが、例文をいくつか用意してくれているので難しくはありません。そして残りの4日間で、i-smile(アイスマイル)からのフィードバックを受けながら、自分の台本を使って発音練習をしていきます。

一気に実践レベルに!

自分でセリフを考え、アウトプットするというのは、まさに実際の会話と同じですよね。つまりこのレッスンを終える頃には、コミュニケーションレベルは一定のところまで到達している、ということになるんです。なお、このオリジナル英会話レッスンは、「i-smile(アイスマイル)のオリジナル英会話レッスンがすごい!」でも詳しく紹介しているので、合わせてチェックしてみてください!

最後に

最後に

i-smile(アイスマイル)のスケジュールは、見てみるとわかると思うんですが、結構シンプルです。一部の英会話教材にありがちな、内容が複雑で受講者がついていけない、というものではありません。このわかりやすさが、きっと英語が苦手な人や挫折してしまった人でも、上達する秘密なんじゃないかなと思いますね。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)の公式HPへ トップページを見る