口コミから大調査!i-smile(アイスマイル)のメソッドランキング

口コミから大調査!i-smile(アイスマイル)のメソッドランキング

革新的なメソッドに魅せられて申し込む人が後を絶たない。

そんな驚異的な事実を作り出しているのが、英会話教材i-smile(アイスマイル)です。今こうしている間にも、i-smile(アイスマイル)でネイティブのように英語を話せる人が現れている、といっても過言ではありません。それくらい多くの人が申し込み、そして多くの人が英会話スキルを身につけているんです。

その理由は、i-smile(アイスマイル)がさまざまな工夫がこらされているから。というのもあるんですが、一番は、良い意味でレッスンを受ける人を裏切るようなメソッドが取り入れられたり、講師が参加していたりするからです。

この記事では、その中でも口コミで多く触れられている順に並べてご紹介しています。「i-smile(アイスマイル)の何が魅力的なのか」「レッスンを受けた人はどんなところに印象を持っているのか」、その答えがわかるようになっているので、ぜひ最後まで読んでi-smile(アイスマイル)の検討材料にしてもらえたらと嬉しいです!

第1位「15分ドラマ」

第1位「15分ドラマ」

i-smile(アイスマイル)のメソッドで、一番口コミでも触れられていたのが「15分ドラマ」です。i-smile(アイスマイル)ではこれを2ヶ月見てスキルを磨くようになっているので、言ってしまえば根幹のようなメソッド。口コミが集まるのは自然なことですが、とはいえ、なぜここまで強烈なインパクトを受講者に与えたのでしょうか。

ドラマ好きもうなる展開!

その理由は実は簡単で、ドラマ好きさえもドハマリさせる面白さがあるからです。私もそうでしたが、「このあとどうなるんだろう」「まさかこんな展開になるなんて…!」と驚きが驚きを呼ぶストーリーで、惹きつけられっぱなしになるんですね。

特にすごいのは、また後でもう一回見直そうとなることもあることです。それは英会話のトレーニング量が増えていくことでもあるんですが、苦しい気持ちは一切ないという。ここが他の英会話教材と違うなと私も感じていましたが、みなさんもそうだったみたいですね。

気づいたら2ヶ月勉強していた

あと続き、続きと前のめりになっていると、レッスンの期間もあっという間に過ぎていくんですね。最初は2ヶ月かあ、長いなあと思っていたんですが、そんなことは全然ありませんでした。楽しんでいるうちにレッスンが終わった、という口コミが多かったのもi-smile(アイスマイル)ならではでしょう。

第2位「復習用のアプリゲーム」

第2位「復習用のアプリゲーム」

次に目立ったのが、復習用のアプリゲームについてでした。これはドラマで学んだことを忘れないようにさせてくれるもので、ゲームでできてしまう時点ですでに驚きなんですが…i-smile(アイスマイル)はそれのさらに上を行く驚きを用意してくれていたんですよ。

有料レベルのクオリティ

はっきり結論から言うと、有料レベルのクオリティだったんです。大体この手の教材で用意してくれるゲームというのはチープなものか、一世代前の内容のものか、そういう感じですよね。物足りなくて、結局はのめりこめない、という本末転倒なものが多いと思います。でもi-smile(アイスマイル)は違っていて、数百円以上で販売されているアプリゲームと遜色のないものなんです。

傍から見ても面白いと感じさせる

それでいて操作はシンプルと、ゲームをやらない人にも安心の設計になっています。友だちがやっているのを見て、これで学べるんだったら自分もプレイしてみたい!と思って始めた主婦の方もいましたね。極端な例ではあるんですが、傍から見てそう面白いと思わせるのは良いゲームの証拠。だからこそ、i-smile(アイスマイル)の口コミの中でも群を抜いて話題が多いんです。

第3位「デイビッド・セイン」

第3位「デイビッド・セイン」

第3位は、英語講師デイビッド・セイン先生についてでした。彼のことをよく知っている人なら何となくわかるかもしれませんが、なぜ口コミでよく書かれているのかについて解説しますね!

有名講師が監修しているということ

デイビッド・セイン先生は、英語業界では名前がよく知られている人です。これまで100冊以上の本を出版していて、本屋に行けば当たり前のように並んでいるので、何となく聞いたことがあるという人も多いでしょう。i-smile(アイスマイル)はそんな有名講師が監修している教材なんですが、これが意味するところは効果が本物で間違いないということです。

というのも、長年「英語を教える」ことに従事してきた先生で、話せるためのプロセスを知っているからです。口コミで「前までつまづいていたところが嘘みたいにわかった」「英語を口から出すことってこんなに簡単なんだ」と書いている人がいるとお伝えすれば、その素晴らしさがわかってもらえるでしょう。

話せないわけがない

あとデイビッド・セイン先生が英会話教材を作っていることに関して、もうひとつ言えることがあります。もし仮にi-smile(アイスマイル)で英語が話せなかっとしたら、デイビッド・セイン先生がこれまで築いてきた実績にヒビが入ることになりますよね。それは今後の彼が活動していく上で、大きな痛手のはずです。なので、英語がペラペラにならないわけがないんですよ。

最後に

最後に

今回まとめたランキングは、口コミで触れられている数から単純に並べたものです。なので「復習用のアプリゲーム」より「15分ドラマ」が優れているとか、ここに載っていないものは重要じゃないとか、そういうことではありません。i-smile(アイスマイル)の特に魅力を感じている部分なんだ、と考えてもらえたらと思います。

いずれにしてもここで言えるのは、こういったランキングが作れてしまうくらい口コミが多いということです。ぜひi-smile(アイスマイル)を始めて、感動と喜びのコメントを読む側ではなく寄せる側になってもらいたい、そう願っています!

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)の公式HPへ トップページを見る