i-smile(アイスマイル)のウィークポイントを正直にまとめてみた

i-smile(アイスマイル)のウィークポイントを正直にまとめてみた

「信頼できる英会話教材は何か」と聞かれたら、i-smile(アイスマイル)の名前が入っていることは珍しくありません。i-smile(アイスマイル)は、それくらい英会話ができるようになるために作り込まれた英会話教材なんです!

ですが、それだけだと信じられないですよね。なのでここでは思い切って、i-smile(アイスマイル)のウィークポイントについてご紹介したいと思います。その上でクリアするコツも紹介しますので、i-smile(アイスマイル)の本当の姿を知りたい人はぜひ参考にしてください!

i-smile(アイスマイル)のウィークポイント

i-smile(アイスマイル)のウィークポイント

まずはi-smile(アイスマイル)のウィークポイントを紹介します。レッスンを受けてきた中で感じたのは3つ。隠してもあまり意味がありませんので、しっかり解説していきます!

①毎日動画が配信される

i-smile(アイスマイル)では、1回15分のドラマを見て、英会話に必要なスキルを磨いていきます。これを60日間続けて行うことで、レッスンが終了したあとにはネイティブと驚くほど簡単にコミュニケーションが取れるようになっているんですね。

ただ人によっては、この60日間継続するのにプレッシャーを感じることもあるようです。また次の日、その次の日も配信されると荷が重くなる気持ちはわからなくもありません。毎日勉強するのに慣れていない人に負担をもたらしてしまうのは、i-smile(アイスマイル)の弱いところと言えるでしょう。

②自発性が必要

i-smile(アイスマイル)は手元にあるスマホで動画を見たり、オリジナルのゲームで復習したりして英会話のトレーニングをしていきます。またi-smile(アイスマイル)に参加している英会話講師が、マンツーマンでオンラインレッスンもしてくれます。このレッスンスタイルが、実は弱点であるとも言えるんです。

というのも、先述の通りドラマは60日間の自動的に配信されるわけですが、それ以外のレッスンについては自発的に取り組まなければいけません。アプリが勝手に始まるわけでも、オンラインレッスンが勝手にスケジュールに組まれるわけでもないんですね(もっと言えば、ドラマも配信されるだけで再生ボタンを押すのは自分ですし)。なので、サボろうと思えばいくらでもサボれてしまうんです。結局は本人の自発性に委ねられているのが、i-smile(アイスマイル)の弱点のひとつですね。

③不信感を覚えやすい

②と少しかぶるんですが、i-smile(アイスマイル)は個人でのレッスンになり、他の生徒さんがいるわけではありません。先生もオンラインレッスンで交流できますが、常にそばにいてくれるわけではないんです。そうなると何が起きるかというと、これでペラペラになるとは信じがたい…と思ってしまうんです。

この不信感は、英会話のみならず勉強においては大敵です。なぜならそれは、頭の中にシャッターが降りてしまっている状態。いくら良いことを言われても、授業の内容が身に入りにくくなるためです。こうした事態に陥りやすいのも、i-smile(アイスマイル)の弱点に挙げられます。

i-smile(アイスマイル)のウィークポイントをクリアするコツは?

i-smile(アイスマイル)のウィークポイントをクリアするコツは?

思い切ってi-smile(アイスマイル)のウィークポイントを挙げてみましたが、少し不安になってしまったでしょうか。でも心配はいりません。それぞれ、ちゃんとクリアするコツがあります。もし今の弱点を読んで、自分も当てはまりそうだなと感じたら、ぜひ次のことを意識してもらえたらと思いますよ!

①人それぞれ成長スピードは違う

「毎日動画が配信される」という弱点のクリアの仕方ですが、それはその日の動画がわからなければ、次の日にもう一度見て理解をするように努めることです。「それをしたら、どんどん上達が遅れるのではないか」と思われるかもしれませんが、そもそも各人のスキルアップのペースというのは違います。早く走れる人もいれば、そうでない人もいるのと同じです。それは、才能があるとかないとかではありません。

むしろ息切れせず、かえって一番ゴールに早くたどり着くためには、苦手分野をじっくりクリアしていくように意識することが不可欠。そうすればi-smile(アイスマイル)でプレッシャーを感じずに続けられますよ。

②英会話の目的を振り返る

「自発性が必要」に対しては、英会話の目的を振り返るのが一番のクリア方法になります。英会話を学びたいと思ったのはなぜか、それを振り返ることがモチベーションの維持となるからです。例えばオンラインレッスンをやりたいけど踏ん切りがつかない人は、自分が格好良くネイティブと話す未来を思い描いてみる。そして失敗してもいい、うまくいかなくてもいいから、とにかくやってみようと思うことが自発的になるコツですね。

③サポートをフル活用する

「不信感を覚えやすい」のであれば、サポートをフル活用しましょう。i-smile(アイスマイル)では、レッスンを受ける人の疑問点を解消するために、英会話の先生が直々に問い合わせの対応をしています。確かに先生がそばにいるわけではありませんが、決してひとりではないんです。どんな小さなことでも丁寧に応えてくれるので、「○○さん、またですか」と思われるくらいにどんどん利用していきましょう。

最後に

最後に

i-smile(アイスマイル)には、ウィークポイントが確かにあります。ですが今回まとめてみて思ったのは、それは3つしかなく、しかも簡単にクリアできるということです。これはi-smile(アイスマイル)が、レッスンを受ける人を心から大切にしているからですね。

だからこそi-smile(アイスマイル)はたくさんの高評価レビューを集めているんです。なのでやっぱり、英会話教材を選ぶならi-smile(アイスマイル)がいいとおすすめしますよ!

ちなみにどんなレビューがあるのかは、【英会話i-smile(アイスマイル)を契約して嘘がなかったので本気レビュー】に載せているので、もしよかったら見てみてくださいね!

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)の公式HPへ トップページを見る